【無料開催】看護師オンライン勉強Vol.1 心電図基礎編

日本一わかりやすい!好評の心電図勉強会をオンラインで開催

心電図に対してどうしても苦手意識を持っている看護師の方、多いのではないでしょうか。

今回はとある国立病院で開催され大好評だった心電図勉強会をオンラインで開催することに!

講師にお呼びするのは心電図検定取得看護師。同じ看護師だからこそ看護師の苦手や辛さを理解しながら丁寧に分かりやすく解説することができます。

勉強会の後は質疑応答の時間も!

新人看護師の方や異動で改めて心電図の勉強が必要になった方、心電図を苦手なまま放置してきた方、これを機に勉強会に参加し知識を深めてみませんか?

日時

1月23日(日)20時〜21時

費用

無料

参加方法

LITEVIEWという視聴が簡単になるサービスを使います。PC環境の方はリンクをクリック。スマホ視聴はダウンロードが必要です。

心電図勉強会に申し込む

【1月7日】オンラインヨガ教室開催!

1月7日20時からオンラインヨガ教室開催!

いつもカウンセリングナースのホームページを見てくださってありがとうございます!LCコミュニティで開催するオンラインヨガ教室の日程のお知らせです。

今週は1月7日(金)20時から21時までを予定しております。
夜なかなか眠れない方、体が疲れている方、ストレスや不安が溜まっていると感じる方はぜひご参加ください!
前後でお話をする時間を作りながら和気藹々と行っています♪
体が固くてみられたくないという方は画面をオフにして参加していただいても大丈夫です。

オンラインヨガに参加する

【12月30日】オンラインヨガ開催!

12月30日20時からオンラインヨガ教室開催!

いつもカウンセリングナースのホームページを見てくださってありがとうございます!LCコミュニティで開催するオンラインヨガ教室の日程のお知らせです。

今週は12月30日(木)20時から21時までを予定しております。
夜なかなか眠れない方、体が疲れている方、ストレスや不安が溜まっていると感じる方はぜひご参加ください!
前後でお話をする時間を作りながら和気藹々と行っています♪
体が固くてみられたくないという方は画面をオフにして参加していただいても大丈夫です。

オンラインヨガに参加する

カウンセリングナース募集

「カウンセリングナースとして活動してみたい」とお考えの方は下のボタンよりお申し込みください。簡単なオンライン面談にて活動内容の説明や雰囲気を知っていただき、あなたが「何をやってみたいか」をお聞きします。

カウンセリングナース申し込み

LifeCareNurseサロンも募集中。面談などの必要がない無料のfacebookグループも運営しております。ナース同士が気軽に雑談したり、相談したり、情報交換できるコミュニティ広場としてご活用いただいております。医療現場では学べない広いジャンルの勉強会も定期的に開催していきます。※健全な運営のためにナース限定とさせて頂いております。

LifeCareNurseサロンを見る

カウンセリングナースの仕事

看護師が届ける予防医療のサービスで病院を外部からサポート!

看護師は患者様の疾患に対する身体面の医療的なケアだけでなく、心のケア、家族のサポート、環境調整、など多くの役割を担っています。

患者様のQOL(生活の質)の向上を目指し、日々ケアを行っている看護師だからこそ医療の限界を感じる方も多いのではないでしょうか。

現状では医療の目的の一つである健康の保持増進をサポートする仕組みが十分にできていません。実際今の医療現場では病気を治すための医療が中心です。毎日多くの患者様が病院に訪れ、目の前の命を救うことが最優先となり、「予防」という視点で一人一人とコミュニケーションをとることができていません。本来は病気になる前からサポートする一次予防や二次予防に時間をかけるべきであると考えています。

そこで、看護師だからこそできる健康の保持増進のケアを、医療現場ではなく外部から支える仕組みを考えました。それがこのカウンセリングナースのサービスです。

オンラインだからこそできる便利で楽しい3つのサービス

カウンセリングナースは予防に特化した完全オンラインの健康サポートサービスとなります。

診断

「未病」に着目した分子栄養学による栄養バランスの診断や最新の遺伝子検査などを活用し、病気になる前の段階を数値化。事前にリスクを防ぎながら一人一人にあった健康的な生活をサポートできます。

相談

健康行動を取る上で非常に重要だと言われているのは精神的な支援者の存在です。オンライン上でいつでも気軽に相談していただける環境を作り、一人一人に寄り添ったケアを行うことができます。

サロン

心と体の健康を支えるオンラインサロンも運営しています。医療者と会員様の交流だけでなく会員様同士の交流もあり、支えあいながら健康増進をはかります。

このように大きく3つのサービスに分けています。この中で働く看護師に必要なのは専門的な医療現場での経験と、病気を治すためではなく健康維持を支えるための知識です。

カウンセリングナースで働くメリット

オンライン完全予約制の個別サポート

オンラインだからこそ待ち時間もなく、どこでも提供できるため効率よく個別サポートすることができます。副業として、育児の合間に、など自分の時間に合わせて場所を選ばず働くことがきます。

全国の看護師とつながるオンライングループ

看護師専用のオンライングループに入っていただくことで気軽に全国の看護師とつながることができます。知識の共有や悩みの相談、働き方の情報なども交換したりと横の繋がりを作ることもできます。好きなタイミングで交流できる環境だからこそストレスなく、理解しあえる仲間が作れます。

コーチング技術と数値化できる栄養指導

基本的なカウンセリングやコーチング技術を学べるため、より心に寄り添ったケアを行うことができます。栄養指導では分子栄養学を元にした未病診断技術や遺伝子検査の結果を活用するため、より的確なアドバイスを行うことができます。ワンランク違う個別指導を提供できる看護師として活躍してみませんか。
※カウンセリングナース講座を受講していただく必要があります。

カウンセリングナースになるには

「カウンセリングナースとして活動してみたい」とお考えの方は下のボタンよりお申し込みください。簡単なオンライン面談にて活動内容の説明や雰囲気を知っていただき、あなたが「何をやってみたいか」をお聞きします。

カウンセリングナース申し込み

LifeCareNurseサロンも募集中。面談などの必要がない無料のfacebookグループも運営しております。ナース同士が気軽に雑談したり、相談したり、情報交換できるコミュニティ広場としてご活用いただいております。医療現場では学べない広いジャンルの勉強会も定期的に開催していきます。※健全な運営のためにナース限定とさせて頂いております。

LifeCareNurseサロンを見る

未病とは?健康寿命を伸ばす考え方と対策

未病とは

未病という言葉は2000年以上前の中国の書物『黄帝内経素問』(こうていだいけいそもん)の中に見られており、予防の重要性が既に認識されていたことがわかります。

「未病」とは、発病には至らないものの軽い症状がある状態です。自覚はあるのに検査では異常が現れない状態、もしくは自覚症状はないのに検査では異常がみられる状態のことを表します。

日本では西洋医学がベースとなっており病気か健康かの2種類で分類されていますが、最近では外来や検診でさまざまな検査ができるようになり、特に自覚症状がないにもかかわらず検査値異常を指摘されることがよくあります。

高血圧や高コレステロールなども「未病」の1つと考えることができます。

なぜ未病に注目することが重要なのか

未病対策をすることは健康寿命の延伸につながります。今の医療は病名がついてから治すという考えが主流であり、逆にいうと診断名がつかない場合の指導やサポートが不十分です。

病気になってから元の状態に戻ることは難しいですが、早い段階で対応していれば最小限に留めることもできます。

歳をとればとるほど予備機能も低下し危険因子に対する抵抗力も弱まります。だからこそできるだけ早い段階で予備機能の低下を最低限に留めるための習慣が必要になってきます。

未病という概念があると病気になってからではなく未病の段階で生活の改善という意識を持つことができ、結果的に早い段階での健康的な習慣の確保につながります。それが健康寿命延伸に最も必要なことなのです。

未病改善に大切な3つの対策

食事の栄養バランスを意識する

皆さんは今のご自身の栄養状態をご存知ですか?どんな栄養素が足りないのか、どんな栄養素を取りすぎなのか。健康診断では実際に状態が悪化してから血液データに反映されますが、それまでにも体の栄養状態は少しずつ偏ってきている可能性があります。

季節に合わせた様々な食材を意識したり、食事が偏った時は翌日に調整したりなど、長いスパンで栄養バランスを意識する食事を摂ることで「未病」の状態も防ぐことができます。

まずは自分の食生活を見直して、栄養バランスが偏っていないか振り返ってみましょう。そして体が疲れやすい、お腹の調子が悪い、など体のサインを見逃さないようにしましょう。

細かい食事の栄養計算が苦手な方や簡単に今の自分の状態を知りたいという方はぜひLINEを使った無料の「未病診断(WELL BE CHECK)」で未病度を測定してみてください。

LINEで未病診断をする

未病診断って?

定期的な運動習慣を作る

先程ありました栄養バランスの取れた食事とともに運動習慣を身につけることでさまざまな疾患、特に循環器系疾患のリスクを減らすことができます。

健康寿命に影響を及ぼす原因の一位が運動器の障害です。二位に脳血管疾患、三位に認知症と並びます。

定期的な運動習慣による骨や筋肉を丈夫にし、身体活動の予備力が向上します。体力がつくと趣味の幅が広がったり家族や友人と共有することも増えます。

また、運動をすることで脳が活性化されリフレッシュ効果や認知症予防などQOLの向上にも繋がります。

適度な運動習慣を作ることは未病を防ぎ健康を維持する上で欠かせないものなのです。

運動に苦手意識がある方はストレッチや生活での歩行時間を増やすなどやりやすい形を探してみたり、まずは一緒に頑張る仲間を作るのも良いかもしれませんね。

人との繋がりとストレスケアで健康を作る

生きていると時に辛いこと苦しいことにぶつかることがあります。そのような悩みやストレスを1人で抱え続けることによって、脳の本来の機能を発揮できず感情的になりやすくなったり、集中力の低下などもみられます。またホルモンバランスが崩れたり、長期的なストレスにより生活習慣病のリスクも高まり、うつ病などの精神疾患にも発展しかねません。

このように心の状態は健康と密接な関係があります。一定以上のストレスを長期間抱えている状態もまさに「未病」とも言えるのです。

だからこそ、一緒に気分転換したり、悩みを聞いてもらったり、アドバイスをくれるような信頼関係のある人間関係は私たちにとって必要不可欠なのです。

質の高い専門家のサポートを受けることや、安心できる環境で助けたり、助けられたりすることができる関係作りが心身の健康に繋がります。

最近ではSNSなどを活用したオンラインのコミュニティでも密度の濃い関係を作ることにより健康に関連した行動が取りやすくなるという研究結果も出ています。

今そのような関係が作れていないという方は、まずは自分に合う形でコミュニティを探してみること、もしくは専門家に相談してみることから始めてみてください。

【12月19日】オンラインヨガ教室開催!

12月19日20時からオンラインヨガ教室開催!

いつもカウンセリングナースのホームページを見てくださってありがとうございます!LCコミュニティで開催するオンラインヨガ教室の日程のお知らせです。

今週は12月19日(日)20時から21時までを予定しております。
夜なかなか眠れない方、体が疲れている方、ストレスや不安が溜まっていると感じる方はぜひご参加ください!
前後でお話をする時間を作りながら和気藹々と行っています♪
体が固くてみられたくないという方は画面をオフにして参加していただいても大丈夫です。

オンラインヨガに参加する

【12月4日】オンラインヨガ教室開催!

12月4日20時からオンラインヨガ教室開催!

いつもカウンセリングナースのホームページを見てくださってありがとうございます!WellBeサロンで開催するオンラインヨガ教室の日程のお知らせです。

今週は12月4日(土)20時から21時までを予定しております。
夜なかなか眠れない方、体が疲れている方、ストレスや不安が溜まっていると感じる方はぜひご参加ください!
前後でお話をする時間を作りながら和気藹々と行っています♪
体が固くてみられたくないという方は画面をオフにして参加していただいても大丈夫です。

ご参加はこちらから↓(10分前から参加可能です。)

オンラインヨガに参加する

【12月12日】オンライン座談会開催のお知らせ

WellBeサロン座談会のお知らせ

12月12日22時からオンライン座談会開催!

いつもカウンセリングナースのホームページを見てくださってありがとうございます!12月のWellBeサロンでの座談会日程のお知らせです。

今月の開催日は12月12日22時から23時までを予定しております。何気ない話をしながら日々の疲れをリフレッシュ!トーク内容は相談したいことやみんなと共有したいことなど自由です。座談会ではカウンセリングナースのメンバーが進行するので、初めてでうまく話せるか不安な方も安心してご参加いただけます。もちろん画面をオフにしてコメントのみの参加も可能です!


座談会に参加する

WellBeサロンって?

WellBeサロンは看護師が運営するオンラインサロンです。

「心と体をととのえる」ことを目指しており、会員様同士で楽しく交流したり、ヨガ教室でリフレッシュしたりなど、日々のストレスで疲れている方や人間関係や仕事などで悩みや不安を抱えている方の安心できる居場所になればと思っております。

一人で頑張りすぎるあなたを支えたい。疲れた時はカウンセリングナースのいるアットホームなととのうサロンに帰ってきてくださいね。

今なら入会後2週間無料なのでこの機会にぜひお試し入会してみてください♪


WellBeサロンを見てみる

【11月26日】オンラインヨガ教室開催!

11月26日20時からオンラインヨガ教室開催!

いつもカウンセリングナースのホームページを見てくださってありがとうございます!WellBeサロンで開催するオンラインヨガ教室の日程のお知らせです。

今週は11月26日(金)20時から21時までを予定しております。
夜なかなか眠れない方、体が疲れている方、ストレスや不安が溜まっていると感じる方はぜひご参加ください!
前後でお話をする時間を作りながら和気藹々と行っています♪
体が固くてみられたくないという方は画面をオフにして参加していただいても大丈夫です。

ご参加はこちらから↓(10分前から参加可能です。)

オンラインヨガに参加する

今注目のマインドフルネスとは?効果や瞑想の方法をわかりやすく解説

マインドフルネスの意味や効果

今注目されているマインドフルネス。ビジネスの現場や医療にも取り入れられており、生活の根幹ともいえる概念で世界中で大きな注目を集めています。

まずはマインドフルネスの考え方や得られる効果についてご紹介します。

マインドフルネスとは

マインドフルネスとは、「今、この瞬間」に対し気付き目覚めている力を指します。

古来の仏教修行の一つであるマインドフルネスは、まさに瞑想の核をなすものであると言われています。

医療分野以外では、アップルやグーグルなどの大企業が社員研修の一環としてマインドフルネス瞑想を導入したことでも知名度が高まりました。

私たちは多くの時間を今この瞬間に存在することを意識せずに過ごし、過去や未来への不安、恐れ、怒り、悲しみに囚われています。

慢性の痛みとの共存を目的としたプログラム「マインドフルネスストレス低減法」を開発したマサチューセッツ大学医学校名誉教授のジョン・カバットジン博士によるとマインドフルネスは意識的に、今という瞬間において、価値判断を加えることなく、注意を払うことであると言われています。またそれは人生とは瞬間瞬間のみにおいて展開するものだという事実に気がつかせてくれるのです。

「マインドフルネス」で得られる効果

これほどまでにマインドフルネスが注目されているのは、多くの情報を得て同時に処理することが当たり前になっている社会にストレスを感じ、疲れ切った現代人が集中できる時をなくしているからかもしれません。

マインドフルネスで心と体の結びつきに気がつくと身体的にも精神的にも健康を高められるようになります。さらに今へ集中する力が身につき、感情のコントロールにも影響を及ぼします。また先天的に備えている共感力や思いやり、親切心によって私たちがつながっている事を理解する能力にも作用します。

マインドフルネスで重要な考え方

私たちは無意識のうちに自分や他人を善悪で判断したり、他人と比較する事で嫉妬や苦しみを感じています。

さまざまな挫折を繰り返し、傷ついた日々を送っている方もいらっしゃるかもしれません。

マインドフルネスはそんな自分の未熟さや弱さをも受け入れることでもあるのです。生まれ持ったもの、環境などを否定し、悔やんだり後悔したりするのではなく、まずはその出来事や物事を受け入れる。そうすることで人は前に進むことができると考えられています。

そしてこれは人生において最も難しい「手放す」ということも含まれます。私たちは人やものを愛しますが、物事は変化し喪失に苦しみます。マインドフルネスとは考えや物、出来事、願望すべての執着を手放し、今この瞬間起こる流れに乗ることなのです。

今の自分の状態を受け入れ、ありのままでいることができるようになると、出来事や自分の状態をはっきりと見ることができるようになり、本当の自分らしさをもった生き方をすることができるのです。

マインドフルネス瞑想は、やり方自体はシンプルですが、実践する人の心の態度が非常に重要となります。毎日瞑想する時間を確保するためには、積極的に取り組む強い意志が必要です。また継続して実践するためには、成果が出ていないように思えてもとにかく続ける忍耐力が必要です。

このため、マインドフルネス瞑想をやり遂げることで、集中力やリラックス効果に加え、意志の力や自己鍛錬の力も高まるといわれています。

マインドフルネス瞑想のやり方

ここでマインドフルネス瞑想の日常に取り入れやすい代表的なやり方を3つご紹介します。

呼吸法

呼吸を意識する最も取り入れやすい方法です。

寝転んだり椅子に座った状態でもできますし、普段の生活の中に取り入れることもできます。腹式呼吸を行い、腹部に意識を集中させます。息を吸い込んだ時はお腹が膨らみ、吐いた時は引っ込むのを感じます。

もし呼吸から意識が離れたら、何に注意がそれたかを確認し、再び腹部に注意をそらせます。考え事が浮かぶと、それを評価するのではなくただ観察し、再び呼吸に意識を戻してください。これを毎日15分ほど行います。

静座瞑想法

呼吸法になれてきたら今度は背筋をまっすぐ伸ばし、椅子またはあぐらの姿勢で座ります。

座っている自分の体と呼吸は一体であるという感覚を意識しながら呼吸や腹部周辺にまで意識を広げます。更に音を流し、音にだけ意識を向けて行う「音とともに座るエクササイズ」などもあります。

慣れてきたら心の中の考えや思いのプロセス自体に意識を向けて行ってみましょう。これは思考を巡らせるのではなく、浮かんでくる考えや思いを「出来事」として感じ取るようにします。これはかなりの集中力が必要になるので静座瞑想の初めの2〜3分に取り入れることがおすすめです。

ボディースキャン

完全に目が覚めた状態であおむけになります。足の先から頭まで体全体が一つになり、それを皮膚が包み込んでいるというイメージを作ります。注意を左足の爪先に向け、呼吸をその左足の爪先に届けるような感覚で呼吸を繰り返します。次は両足の爪先、足の裏、かかと、足首の順に意識を移していきましょう。注意力が散漫になったらもう一度呼吸法を行い、注意を一旦呼吸に戻します。このように体の他の部位にも注意を移してください。

このような瞑想は心の中が考え事でいっぱいで何も見えていない状態にならないように、意識をコントロールし目覚めた状態を保つために行うトレーニングのようなものです。

今回ご紹介したもの以外にもヨガで瞑想を行ったり、歩きながら体の動きや感覚を意識する歩行瞑想などさまざまな方法があります。ぜひご自身にあった方法で生活に取り入れ、マインドフルネスな生き方を体験してみてください。

参考

スティーヴン・マーフィ重松「スタンフォード大学マインドフルネス教室」
ジョン・カバットジン「マインドフルネスストレス低減法」