楽しいことがないときにやってみよう!自分らしく生きるために必要なこと

自分と向き合う時間を作っていますか?

こんにちは!カウンセリングナースのさおりPです!

先日何も楽しいことがない、趣味がない、というご相談をいただきました。ご本人にもお伝えしましたがそれは自分自身と向き合えていない状態なのかもしれません。そんな悩みを持つ方はぜひこのブログを読んでみてください。今回は自分らしく生きるための目標づくりの方法をご紹介します。

まずは「今の」欲求を明確に

「やりたいことは?」と聞くと、プロ野球選手になりたい、有名な芸能人になりたい、みたいに誰もが憧れるような大きな夢を語らないといけないと思う方もいますが、

  • 料理ができるようになりたい
  • スタイルが良くなりたい
  • 彼女が欲しい

のようになんでもいいのです。大事なのは自分が何をしたいかちゃんと心の声を聞くこと。人に言われたから、みんなやってるから、ではなく本気で自分が望んでいる「やりたいこと」を探してみましょう。

まずは現時点での欲求を明確にします。今自分が望んでいるもの、望んでいることを書き出してみましょう。誰かに見せる必要はないので人には言えない欲求でも大丈夫です!

そしてそれは途中で変わってしまってもいいのです。目標は常に変わるもの。気がついたら全く別の道を行っていたりするのが人生。先のことは考えずただ、今の自分自身の欲求に忠実になりましょう。

短期目標を決めよう!

やりたいことリストができたら、今度はそれを達成するための短期目標を設定します。短期目標はできるだけ数値化したり達成したとわかるものがいいです。

  • 今の現状と目標までの差はどれくらい?
  • 目標達成を邪魔してるものは何か?
  • 「今の」自分に足りないものは何か?

この3つについて考えながら現実的に達成可能な期日で目標を設定します。

注意していただきたいのは目標の中に他人の考えや行動を入れていないか、ということです。自分が変えられるのは自分のことだけです。だからこそ短期目標は自分自身で変えることができる範囲の目標を設定しましょう。焦らず、時間をかけてゆっくり考えてみてください。

変えられるものを変える勇気を
変えられないものを受け入れる冷静さを
そして両者を識別する知恵を与えたまえ

ラインホールド・ニーバー(アメリカの神学者)

自分の価値観を見つめ直す

そして改めて『今の自分の価値感』を知りましょう。

  1. 趣味の時間
  2. 家族や人間関係
  3. 仕事
  4. 健康や自己実現

この4つの項目のうち自分は何に今たくさん時間を使っているのか、考えてみてください。どの分野が自分が目指している姿とかけ離れていますか?全ての分野での目標やなりたい姿を見つけることがおすすめです。

やりたいことがわからない方におすすめの方法

そうは言ってもそもそも「やりたいことがわからない」という方も多くいらっしゃいます。そんな時に以下の方法を是非試してみてください。

情報を入れるのをやめる

私たちの生活では無意識の内にたくさんの情報が溢れています。情報が入りすぎて脳の容量がいっぱいだと当然クリエイティブに働くことはできません。人とあったり、テレビやSNSを見るのをやめて、ただ何もしない日を作ってみてください。

脳を鍛える時間を作る

脳は放っておくと日に日に衰えてしまいます。そんな脳の劣化防止によいとされているのが「瞑想」です。1日10分からでもいいので頭を雑念から解放する時間を作ってみましょう。同じ理由で気功やヨガも良いとされています。呼吸に意識を向けたり、一点に意識を集中したりすることで脳の前頭葉を活性化させることができます。

人に話してみる

人と話をすることで違う視点で物事を見ることができ、自分が本当に言いたかったことに気がついたりします。

ただ一つ注意するのは「話す人を選ぶこと」です。世の中には人のためなどと言いながら自分の話をしたいだけだったり、他人の考えを否定してくる人がたくさんいます。本人は良かれと思って言っていてもこっちは全然スッキリしない、なんてことは誰でも経験があるのではないでしょうか。これは悪気があるのではなく「聴く」ということに対する知識が足りないのです。
相談する相手はこんな人にしましょう。

  • 意見を否定せず肯定的に聞いてくれる人
  • アドバイスするのではなく、思考の整理を手伝ってくれる人

答えを知っているのは自分だけ。どんな時でも決めるのは自分自身です。人には必ず自分のやりたいことを成し遂げる力が備わっています。もし今までうまくいかなかったという方はあなたが悪いのではなく、ちゃんと心の声を聞いていなかっただけ。もし今迷われている方は、自分だけの生き方を見つけるために、ここに書いてあることを試してみてくださいね。

コロナ感染・重症化リスクが高まる基礎疾患とは?

収束がみえないコロナ(COVID‐19)との闘い。ニュースでコロナというワードを聞かない日はありません。また基礎疾患があるとコロナに感染しやすかったり、重症化しやすいってテレビでよく聞きますよね。

どうして基礎疾患があると感染リスク・重症化リスクが上がるのでしょうか。

様々な基礎疾患があるなか、今回は糖尿病をピックアップしてその理由を解説します。

白血球と高血糖

ウイルスや細菌をやっつける好中球

白血球はいくつか種類があります。細菌など異物を食べてくれる(貪食といいいます)のが好中球という白血球です。白血球のなかまのうち、約半分はこの好中球です。

好中球の機能低下

好中球には、ウイルスや細菌などの異物を感知して突撃していく(遊走という)能力と異物を食べてやっつける貪食という能力があります。 血糖値が高いと、この好中球の機能が低下してしまいます。異物を食べてやっつける貧食能は,血糖値が 250 mgdl以上になると急速に低下します。

好中球は異物を感知して接近する
異物を食べてやっつける

高血糖は抗体をつくる能力を下げる

人の体はウイルスなどの病原体(抗原)が体内に侵入すると抗体をつくり、次の感染に備えます。ワクチンはまさにこの抗体をつくるシステムを利用した予防法です。

リンパ球の機能低下

抗体をつくるのはリンパ球とよばれる白血球です。リンパ球は病原体(抗原)のタンパク質の構造を覚えて、その病原をやっつけるための抗体を作ります。

しかし、血糖値が高いとこの抗体をつくる働きも低下してしまうのです。

高血糖による血流低下

高血糖と動脈硬化

高血糖状態では、糖が血管に付着しその糖とタンパク質が反応して活性酸素を発生させます。するとその活性酸素により血管壁が傷つけられます。そうやって、高血糖状態が続くと、動脈硬化が進行していくのです。

また血液中に糖分が多いと、血液の粘性が増加します(いわゆる血がドロドロになるというやつです)。

動脈硬化や血液の粘性が高まることで、血管内の血流は悪くなります。すると白血球が感染部位にいくことが難しくなったり、必要な栄養を運ぶことが難しくなります。また抗生剤などの薬剤についても、血流が悪い部分には届けることが難しくなるため、薬の効きが弱くなることも考えられます。

戦場に物資が届かない

感染部位はいわば身体の中の戦場です。

動脈硬化や血液の粘性が高まっているということは、戦場までの道が狭くなり、またたくさんの車で渋滞しているような状態です。

そんな状態では戦場に、兵隊(白血球)や食べ物(栄養)、武器(薬)を届けられません。

戦場が不利になるのは当たり前ですよね。

高血糖による炎症増幅

高血糖になると、炎症性サイトカイン(免疫細胞にがんばって働けという命令)が増加します。

適度にがんばれという分にはよいのですが、過剰にサイトカインが分泌されすぎると免疫系の異常をきたします。

また逆に感染によっても炎症性サイトカインは分泌されます。炎症性サイトカインはインスリンの効き目を弱める作用があるので、さらに血糖値が上がるという悪循環に陥ります。

炎症を必要以上に増幅させないためにも、血糖のコントロールは重要になってきます。

以上のような理由で、高血糖状態はコロナなどの感染症にかかりやすくなったり、治療を難しくするリスクとなるのです。

それでは、糖尿病にならないためにはどのような食生活を心がけたらよいのでしょうか。

糖尿病と生活習慣についても今後解説予定ですのでお楽しみに。

参考文献

https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/102/4/102_856/_pdf

【会員様限定】心と体が「ととのうサロン」オープン

新サロンオープンのためサービス内容改定

YouTubeライブ配信 Facebookグループ の終了

YouTubeライブ配信、Facebookグループが8月31日を持ちまして終了となり、会員様限定サービスに移行となります。今までご利用いただきありがとうございました。引き続きその他SNSでのコンテンツ配信は継続致します。

会員様限定サービス心と体が「ととのうサロン」開始

9月1日から会員様限定のサービスをスタートします。栄養の知識が身につく漫画や看護師の「ここだけの話」が聞けるコラム、オンラインで行うヨガ教室や座談会などコンテンツ盛り沢山です!

無料期間もありますので是非お試し入会してみてください。9月1日から限定ライブ配信スタートします!

ととのうサロンに登録する

スマートフォンでの会員登録の方法

オンラインサロンの登録方法がわからない方は、以下の詳しい説明をご覧ください。

会員ページにアクセスします

トップ画面の「まずは無料お試しから」と言うボタンを押してください。

会員様プランの「今すぐ登録」のボタンを押します。

メールドレスを入力後、利用規約とプライバシーポリシーに同意頂けましたらチェックボックスにチェックをお願いします。

メールから本登録へ

登録していただいたメールアドレスに届いたメールから記載されているURLにアクセスしてください。

必要事項を入力したら「最終確認へ」のボタンを押します。

入力内容ご確認後、問題なければ本登録終了となります。

会員登録が完了しました

会員登録ありがとうございました。これから「心と体がととのう」楽しいサロンを会員様と一緒に作りあげていけたらと思います。それでは、お会いできるのを楽しみにしております。

不明点やトラブル等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

会員ページはこちら

予約の流れはどのようになりますか?

まずはあなたにあった看護師を選んでください。コースとご都合の良い日時を選択していただき予約完了です。入金が確認できましたら登録して頂いたメールアドレスにZOOMまたはチャットのリンクをお送りします。ご予約の時間になったらURLをクリックしてください。

心をととのえるとはどういうことですか?

簡単にいうと心のメンテナンスをするというイメージです。私たちは日々ストレスと闘いながら生活しています。知らないうちに疲れが溜まっていたり、悩み事を抱えていたりして、自分の心の声を聞くのを忘れてしまうのです。カウンセリングを行うことで頭の中にある感情や思考を整理できます。さらにやりたいことや目標がある場合はネガティブな感情や思考を整理し、目標を明確にすることで自信を持って行動することができます。

体をととのえるとはどういうことですか?

私たちの体を作るのは全て食事です。病気ではないけどなんとなく体がだるい、眠れない、などの不調がある場合を「未病」といいます。カウンセリングナースでは病気になる前の未病の段階から一人一人の生活に合わせた栄養サポートを行い、「体がととのった状態」を目指します。
※「診察」はできませんのでご了承ください。

特に悩んでいなくても予約してもいいんですか?

もちろんです!心が疲れる前に定期的にストレスを緩和することが大切です。何気ない会話の中に本質的な考えや思いが隠れていたりするので、そういった発見も楽しんでいただけたらと思います。守秘義務を徹底しているので人には言いにくいことも安心してお話して頂けます。

担当ナースが合わない場合、他の方に頼めますか?

はい。人それぞれ相性はあるものです。もし合わないと感じた場合は次回から別の看護師の枠でご予約頂くか、運営の方へご相談ください。ご相談内容にあった看護師をご紹介させて頂きます。カウンセリングナースではSNSで動画やブログなどを発信しております。『この看護師となら話しやすそう』と思っていただけるようそれぞれの思いなども発信しておりますのでよろしければご参考にされてください。

パーソナルカウンセリングとはどのようなコースですか?

あなたの担当看護師が一定期間コミットして、目標達成を一緒に目指すコースです。「禁煙したい」「お酒のみすぎをやめたい」「自分らしくいられるようになりたい」など一人一人の課題に合わせてサポートします。期間は2ヶ月から選ぶことができます。専用チャットを使用し日々の生活の報告をしていただいたり、週1回オンラインでお話し、大変だったことやよかったことなどお聞かせ頂けたらと思います。何事も楽しくないと継続できません。この期間、看護師があなたの一番の味方になりあなたの目標達成のお手伝いをします。

なぜ2ヶ月からのコースなんですか?

人が習慣化するためには週4日以上、2ヶ月以上継続する必要があるという論文が出ています。ある程度継続することで習慣化するものですが、初めの継続が難しく挫折してしまう方が多いです。その一番諦めてしまいやすい時期に看護師がマンツーマンでサポーさせて頂いております。