ライフケアカウンセリングナースサービス 鯖缶カレー | カウンセリングナース | 看護師によるパーソナルサービス。心と体の健康づくり

鯖缶カレー

2020.09.11

体の健康

鯖缶カレー

 

こんにちは。管理栄養士の下村有佳里です。

台風の被害等大丈夫でしょうか?

私の住んでいる地域は、警報はでたものの特に大きな被害はなかったです。

 

さて本日は「鯖缶カレー」をご紹介させていただきます。

前回も、夏の暑い中でも食べられるメニューをご紹介させていただきましたが、今回も!

前回のまぜうどんよりさらに簡単です。

 

普段のカレーに、肉の代わりに鯖を入れるだけです。

 

鯖缶を使うことで、高たんぱくになりますし、骨まで食べられるので、カルシウムもしっかりとることができます。

また魚に含まれるEPAは血液をサラサラにする効果があるので、脂質が多いのはわかっているけどやっぱりカレーが好き!という方は、肉を鯖にかえていただくことで、高血圧や動脈硬化の予防にもなります。

何より、魚を使うことにより、和風な仕上がりになり、いつもと少し違ったカレーを楽しむことができます!

 

鯖缶には味噌煮缶と水煮缶がありますが、どちらでもお好きな方をお使いください!

味は大きくは変わりませんが、味噌煮缶の方が味に深みが出る気がします。

 

材料(4〜5人分)

生姜                 2かけ
鯖の味噌煮缶     1缶
カレールー         4~5皿分

水                    700mL

ごはん               お好みで

いつものカレーの具(にんじん、玉ねぎ等)

(生姜があった方が味にまとまりが出ますが、なくてもおいしく召し上がっていただけます)

作り方

➀材料を入れて玉ねぎが東明になるまで炒める

➁水を入れて中火で沸騰後15分ほど煮込む

③火を止め、カレールーを割り入れ、火をつけて弱火で10分ほど煮込む
(カレールーの作り方参照
肉の代わりに鯖を入れてください!)

 

栄養価

1人前、ごはんお茶碗山盛り1杯250g

エネルギー         706kcal

たんぱく質         13.4g

脂質                 22.8g

炭水化物           107.5g

RECOMMENDこちらの記事も人気!